除雪車の試乗体験などもあり、多くの人で賑わった=佐賀市の県立森林公園

レンガを使ったアーチ橋づくりに挑戦する子どもたち=佐賀市の県立森林公園

除雪車の試乗体験などもあり、多くの人で賑わった=佐賀市の県立森林公園

 土木の仕事を知ってもらうフェアが14、15の両日、佐賀市の県立森林公園で開かれた。働く車の展示や、アーチ橋づくりなど楽しみながら、生活と土木の関わりを感じた。

 ダムの働きを紹介するコーナーでは、大雨時にゲートで水量を調節する機能を模型で実演。また、レンガを使ってのアーチ橋づくりでは、橋からレンガをくみ上げ、最後に砂を隙間に埋め込んで完成させた。

 除雪車=写真=やクレーン車、バックホーの試乗には家族連れの列ができていた。3歳の息子と除雪車に乗った井上徳子さん(37)=佐賀市=は「レバーを指示通りに動かすと、思いの外振動もあり、大人も楽しめた」と嬉しそうに話した。

 県や国交省、佐賀大などで構成する「土木のイメージアップ連絡協議会」が毎年開いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加