大同生命佐賀支社の石渡和彦支社長(右)と贈呈状を手にする「みやき町蕎麦打ちおやじの会」の田中博信代表=佐賀市の大同生命佐賀支社

 大同生命厚生事業団は5日、みやき町のボランティア団体「みやき町蕎麦(そば)打ちおやじの会」(田中博信代表)に助成金6万円を贈った。

 佐賀市の大同生命佐賀支社で贈呈式があり、石渡和彦支社長が田中代表に贈呈状を手渡した。田中代表は「助成金は子どもたちと行うソバの種まき活動などに充てたい。最近は町外での活動も増えている。今後も続けていきたい」と話した。

 同会は定年退職した男性の社会参加を促そうと、2013年に結成。地元の高齢者サロンで打ち立てのそばを振る舞ったり、放課後児童クラブの子どもたちとそばを通した交流活動に取り組んでいる。

 

 【写真】大同生命佐賀支社の石渡和彦支社長(右)と「みやき町蕎麦打ちおやじの会」の田中博信代表

このエントリーをはてなブックマークに追加