佐賀星生学園「松竹金」の生徒たち

 優秀賞に選ばれた佐賀星生学園の「松竹金」は佐賀の自然災害の少なさに着目し「災害支援県」を打ち出した。支援物資の補給拠点を佐賀に設置し、エリアの特性を生かした他県への安全でスムーズな支援案を提案した。ショッピングモールを拠点にすることで物資の消費期限も無駄にせず、新たな課を設置することで雇用問題の解決にも展開を広げた。

 

■審査員の講評

 倉成「何もない佐賀が災害もないという逆転の発想がよかった」▽山口知事「行政的に見てレベルが高い。県が目指してる方向と同じで、支援に力を入れている。県庁に入らんね」▽古瀬「ニーズも確実にあるから、やってしまえばいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加