福岡県選抜との練習試合でスパイクを放つ佐賀県中学選抜チームの選手=鳥栖市の鳥栖工高

 12月に開かれる第31回全国都道府県対抗中学バレーボール大会に出場する佐賀県選抜男子チームが14日、鳥栖市の鳥栖工高などで近県チームを招き、強化練習会を開いた。

 14日、鳥栖工高で開いた練習会には、前年優勝の熊本や福岡、長崎などの中学選抜5チームと鳥栖工高が参加。福岡との練習試合に挑んだ佐賀県チームは、相手の鋭いスパイクに苦しみながらも粘り強いレシーブでボールをつなぎ、必死に対抗していた。

 得点源として期待のかかるウイングスパイカーの古賀寛人主将(15)=基山中=は、「チームの結束力を高めることが今の課題。最低でも決勝トーナメントまで進みたい」と抱負を話した。練習会は15日まであり、全国大会は12月25~28日、大阪市で開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加