漁業者の中島昌平さん

 ノリ漁師の4代目です。寒い冬の作業や潮のリズムで生活が変わるのは大変だけど、青年部の活動で初摘みのノリを配り、「おいしい」と言ってもらえると、やっていてよかったと心底思う。14年連続の日本一は私たちの誇りです。

 有明海は赤潮によるノリの色落ちが深刻。昨年の販売金額はたまたま良かったけれど、この先どうなるのか。漁業者は海があってこそ生活していける。オスプレイ配備計画や諫早湾干拓など有明海に絡む問題をどう考え、どう対応するのか、選挙で語ってもらわないと。(佐賀市川副町)

このエントリーをはてなブックマークに追加