ボクシングの東洋太平洋フライ級タイトルマッチは13日、東京・後楽園ホールであり、鳥栖市出身の王者中山佳祐(29)が挑戦者のジョーバート・アルバレス(フィリピン)と引き分け、初防衛に成功した。中山は14戦10勝(4KO)2敗2分け。中山は6月に王座を獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加