村田修一内野手

 巨人は13日、通算360本塁打をマークしている村田修一内野手(36)と来季の契約を結ばないと発表した。チームは若返りを図っており、来季以降に十分な先発出場の機会を与えられないと判断した。村田は他球団でのプレーを目指す。

 鹿取義隆ゼネラルマネジャー(GM)は東京都内での交渉後に取材に応じ「まだ十分選手としての力はあると思うが、チームが若返りを図るためにこういうことになった。苦渋の決断でした」と説明。村田は「はっきり言ってくださって、本当にありがとうございました」と答えたという。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加