米カリフォルニア州ソノマ郡のブドウ畑の向こう側で続く山火事の消火作業をマスク姿で見守る人たち=12日(共同)

 【ナパ共同】AP通信は12日、米カリフォルニア州を襲った山火事の死者が31人に上り、同州の山火事としては過去最悪となったと報じた。消防当局者の話としている。これまでの最多の被害は1933年の29人だった。

 地元紙ロサンゼルス・タイムズによると、死者の半数以上がサンフランシスコ北方のワイン醸造所が並ぶソノマ郡に集中。一帯では依然として数百人の住民と連絡が取れない状態だ。

 高級ワインの産地で知られるソノマ郡や隣接するナパ郡などでは、山肌全域が黒こげになったり、住宅地が軒並み焼け落ちたりしている場所も点在する。

このエントリーをはてなブックマークに追加