唐津市は13日、開会中の定例市議会に一般会計補正予算案など2議案と報告2件を追加で上程した。補正額は7億382万円で、補正後の総額は768億9376万円(前年同期比9%増)。

 主な歳出は、「唐津くんちの曳山(ひきやま)行事」のユネスコ無形文化遺産登録を契機にしたPR強化費484万円、8月の臨時議会時に8億円と見込んでいた「ふるさと寄付金」を12億円へ上方修正するための諸経費なども計上した。

基山町

 定例議会は13日、本年度一般会計補正予算案など19議案、発議1件を原案通り可決し、閉会した。町固定資産評価審査委員会委員の天本和典氏(59)=宮浦=の再任と他1件の同意案に同意した。

このエントリーをはてなブックマークに追加