サツマイモ畑。試し掘りをしてみると、紅あずまがゴロゴロと

 あちこちの田んぼで、黄金色に輝く稲波が一瞬にして草原に変わっていく季節になりました。スズメたちも忙しそうにあっちの田んぼ、こっちの田んぼと、ごちそう探しに忙しそうです。

 わが家は今年、お米作りをひと休みして、野菜栽培に一本化しました。相変わらず続く種降ろしに加えて、サツマイモやショウガ、サトイモなど初夏からゆっくりと成長した野菜の収穫作業が始まります。

 サツマイモを少し試し掘りしてみました。それはそれは美しい赤紫の紅あずまがゴロゴロと出てきましたが、まだまだもう少し太りそう。本格的に掘り始めるのは今月下旬ごろになります。

 熊本の友人がSNSに自然栽培のお米作りの達人の写真を載せていましたが、なんと田んぼの稲と稲の間にサツマイモを作っていました。お米もサツマイモもすごくよくできているようでした。まだまだ、農業は未知の世界が多いなぁと驚いています。(地域リポーター・一ノ瀬文子=鹿島市)

 

 【写真】サツマイモ畑。試し掘りをしてみると、紅あずまがゴロゴロと

このエントリーをはてなブックマークに追加