詩人たちが交流する九州詩人祭であいさつする貝原さん=佐賀市のホテル千代田館

 九州の詩人たちが交流する「第47回九州詩人祭」(同実行委主催)が、佐賀市のホテル千代田館で開かれた。九州全域から約50人が参加し、各地の詩作活動の状況などを語らった。

 貝原昭実行委員長が「詩人祭が始まって半世紀近くがたつ。最近では、共謀罪や特定秘密保護法など他人の自由や意見を恣意(しい)的に取り調べる法律ができた。物書きの立場から、これにあらがう意識を持ち続けたい」とあいさつした。

 久留米大学比較文化研究所所長の浦田義和氏が「イスラム文化圏エジプトあれこれ」と題して講演したほか、交流会が開かれた。

 【写真】詩人たちが交流する九州詩人祭であいさつする貝原さん=佐賀市のホテル千代田館

このエントリーをはてなブックマークに追加