市議選と衆院選の投票を同時に行う有権者ら=佐賀市役所

 衆院選(22日投開票)の期日前投票が11日、県内各市町の25カ所で始まった。期間は21日までで、午前8時半から午後8時まで受け付ける。

 市議選と衆院選の期日前投票を同時に受け付けている佐賀市役所の投票所には、午前中から有権者が行列を作った。午後には学校帰りの高校生の姿もあり、10代にとって初となる政権選択選挙の1票を投じたという。投票に訪れた市内の古賀信文さん(66)は「医療、社会保障や年金制度など、政策を見極めて判断したい。国民のために、公約をしっかりと実行に移してほしい」と注文した。

 期日前投票所は、16日から佐賀市の7支所にも開設する投票所を含め、県内に計46カ所設置される。前回2014年12月の衆院選で県内の期日前投票者数は9万7247人だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加