唐津署は11日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒酔い運転)の疑いで、唐津市呼子町呼子、塗装工見習の容疑者(51)を逮捕した。

 逮捕容疑は9月8日午後4時半ごろ、唐津市鎮西町打上の市道で、酒に酔った状態で軽ワゴン車を運転、中央線をはみ出して対向車線の軽トラックと正面衝突し、軽トラックを運転していた70代男性に3カ月の重傷を負わせた疑い。同署によると、容疑者の呼気から1リットル中0・75ミリグラムのアルコールが検出された。

このエントリーをはてなブックマークに追加