佐賀のお酒で乾杯する留学生ら=佐賀市のゲストハウス「HAGAKURE」

 10月1日の「日本酒の日」に合わせ、佐賀のお酒で乾杯する「佐賀酒で乾杯プロジェクト」が1日、県内各地で開かれた。県内約500の飲食店で乾杯の音頭がとられ、各地で佐賀のお酒を味わった。

 佐賀市にある佐賀インターナショナル・ゲストハウス「HAGAKURE」には、佐賀大学の留学生ら約10人が参加し、乾杯の合図と共に酒杯を傾けた。チュニジア出身の留学生ラミ・デールベルさん(30)は「佐賀のお酒は甘く、なめらかでおいしい。クオリティーが高い」と笑顔を見せた。

 プロジェクトの実行委員長を務める田尻泰治さんは「一人でも多くの人に乾杯してもらって、佐賀酒をアピールしていきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加