優勝に向けて邁進する鹿島の行進に立ちはだかったのは鳥栖のトリデンテ。ビクトル・イバルボを頂点に田川、小野で形成する1トップ2シャドーだった。「相手の1トップ2シャドーに対する守備に迷いがあった」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加