コスモスが咲き始めた水路横のあぜで=相知町佐里下

 唐津市相知町の「佐里下地区の農村環境を守る会」(代表・堤洋一さん)は田んぼの真ん中にある水路の整備事業として、10年前から側溝のあぜにコスモスの種まきを始めました。

 長い一直線の水路横のあぜの草を刈り、7月に地区民参加で種まきをしました。稲穂が黄金色になる10月、コスモスが映えます。15日には「コスモス夕焼けコンサート」を開きます。

 前日からおでんを仕込み、エレキギターの演奏、歌謡ショー、フラダンスなど楽しいステージを繰り広げます。地区の一体感が感じられます。地区民でなくても参加できます。午後3時から、会場は青幡神社下の宮ノ下公園です。(地域レポーター・田代惠美子=唐津市相知町)

このエントリーをはてなブックマークに追加