佐賀県警は3日、参院選(22日公示、7月10日投開票)に伴う署長会議を開き、県内全10警察署の署長や県警本部の幹部ら約100人が選挙違反の取り締まりの徹底を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加