福岡市博多区のJR博多駅付近の路上で今年春ごろ、貴金属買い取り店に運搬中の約6億円相当の金塊(百数十キロ)が、警察官を装う複数の男に盗まれていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は窃盗などの疑いで捜査している。

 捜査関係者によると、今年春ごろの日中、複数の男性が金塊の入ったアタッシェケースを運んでいたところ、警察官に扮(ふん)した男らに声を掛けられた。偽警官の男らはアタッシェケースを点検するふりをし、男性らが目を離した隙にアタッシェケースを持って逃げた。

 男性らは盗まれた金塊は事件直前に転売目的で購入し、買い取り店に運んでいる途中に盗まれたと説明。店の近くまで車で行き、その後徒歩で店に向かっていたという。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加