稲刈りを楽しむ参加者=佐賀市本庄町の江口農園

 「ほんなもんぼ農業体験学校」は9月25日、家族連れなど総勢51人が参加して稲刈りを行いました。6月25日に「夢しずく」の苗を植えてから92日目。出穂後の累計気温は1000度を超え、稲刈り時期の条件に達しています。大きな災害もなく、しっかり立派に生長しました。

 三気の会メンバーが鎌で刈り取る見本を示した後、親子らが鎌を手に取り体験しました。株元に鎌を入れ、力を入れて引くとバリッという音がして、その心地よさに、子どもたちも喜びの声を上げていました。刈り取った稲はぬれていたため天日干しが必要で、コンバインによる脱穀作業はやむを得ず中止となりました。

 次回は10月22日、枝豆の収穫などを予定しています。

 (NPO元気・勇気・活気の会副理事長・北島忠俊)

このエントリーをはてなブックマークに追加