【成年男子】

 ▽110メートル障害予選

 「2組」(8)竹吉大記(佐賀陸協)14秒55=落選

 【少年男子B】

 ▽3000メートル予選

 「2組」(9)杉彩文海(鳥栖工高)8分27秒28=決勝進出

 【少年男子B】

 ▽3000メートル同決勝 (12)杉彩文海(鳥栖工高)8分42秒52

 ▽走り幅跳び決勝 (6)堤友希(鳥栖工高)6メートル90

 【成・少年男子共通】

 ▽400メートルリレー準決勝

 「2組」(9)佐賀(中村、竹吉、大舘、林)41秒91=落選

■助走の鍛錬生きる

 堤友希(陸上少年男子B走り幅跳び・鳥栖工高)初めての国体で緊張したが、楽しくやれた。助走を何回も練習してきた成果を出せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加