Q.犬と散歩中のおじいさんを車ではねてしまい、おじいさんの治療費などのほか、犬の治療費や犬がけがしたことに対する慰謝料も請求されています。犬の治療費や慰謝料も支払わなければならないのでしょうか。

 A.犬や猫などのペットは民法上、「物」として扱われています。交通事故で車同士が衝突した場合、加害者が相手の車の修理費を支払わなければならないのと同様に、交通事故でペットがけがしてしまった場合、加害者はペットの治療費なども支払わなければなりません。

 もっとも、ペットが「物」として扱われる以上、原則として事故当時の時価相当額以上の治療費などを支払う必要はないというのが判例です。ペットの飼い主としては納得できない部分もあると思いますが、裁判になれば治療費などの上限は、原則として事故当時のペットの時価相当額ということになるので、加害者としては該当する金額を治療費などとして賠償すれば足りることになります。

 では、慰謝料請求についてはどうなるのでしようか。慰謝料とは被害者が受けた精神的損害に対する賠償です。前述の通り、ペットは民法上「物」として扱われ、物損はその財産上の損害が賠償されることで精神的苦痛も慰謝されると考えられていることから、原則として「物」に対する不法行為について慰謝料請求は認められません。

 ただし、ペットは一般的な「物」とは異なり、生命を有していることや、現代社会においては家族として扱われているといった事情もあります。飼い主がペットに対して特別の愛情を注いでいたと認められるような例外的な場合には、慰謝料が認められる場合もあります。まずはお近くの弁護士に相談することをお勧めします。(弁護士 岩城直明 唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加