忍者姿で来場を呼びかける鳥栖市職員=鳥栖市役所

 第16回とす長崎街道まつり(佐賀新聞社など後援)が15日午前10時から、鳥栖市の旧長崎街道沿線で開かれる。今年は小学生が忍者を探してスタンプを集めると景品がもらえる新企画「忍者を探せ」で盛り上げる。

 「忍者を探せ」は田代八坂神社(田代新町)と鳥栖八坂神社(本町)で開催。それぞれに3人ずつの忍者が隠れていて、忍者がつけている紙風船をはりせんで割るとスタンプがもらえる。三つ集めると景品の菓子の詰め合わせ(数に限りあり)がもらえる。また、子どもサイズの忍者の衣装を借りて、大人の忍者と一緒に写真を撮って楽しめる。

 鍋島藩轟木宿と対馬藩田代宿の二つの宿場間の長崎街道が会場で、武士や町人、町娘などの格好をしたボランティアガイドが道案内や接待役を担い、昔遊びや対馬物産市、山笠展示や紙芝居なども行われる。午後3時まで。問い合わせは、同まつり実行委事務局、電話0942(83)8415。

このエントリーをはてなブックマークに追加