タカタ製エアバッグの欠陥問題で、米国で死亡事故が集中したリコール対象車種の日本国内での改修を進めるため、国土交通省が、職員によるユーザーの戸別訪問を始めたことが4日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加