第48回衆院選は10日公示され、佐賀1区に自民党前職の岩田和親氏(44)=2期・公明党推薦、幸福実現党新人の中島徹氏(43)、民進党出身で無所属前職の原口一博氏(58)=7期=が立候補を届け出た。

 佐賀2区には共産党新人の大森斉氏(62)、民進党出身で希望の党前職の大串博志氏(52)=4期・民進党県連推薦、自民党前職の古川康氏(59)=1期・公明推薦=が立候補を届け出た。いずれも届け出順。

このエントリーをはてなブックマークに追加