佐賀市出身の作家・井上宏生さんの講演会が、12日午後1時半から佐賀市の旧古賀銀行で開かれる。煎茶道の祖と呼ばれる売茶翁と、時宗の開祖である一遍を語る。

 井上さんは2010年に「遊行に生きた漂泊の僧 一遍」を出版し、今年5月から6月には佐賀新聞で「奇跡の茶人 売茶翁物語」を連載している。江戸時代を生きた売茶翁と鎌倉時代中期を駆け抜けた一遍、2人の生と死を交差させながら、共通点と相違点を通してその人生をひもとく。入場無料。問い合わせは肥前通仙亭、電話0952(65)2152。

このエントリーをはてなブックマークに追加