「change of TKO」のタイトルでプレゼンテーションする武雄高校生=武雄市議会

 プロジェクト「Change of TKO」は、高校生の視点で飲食店や名所など「行きたくなる場所」見つけSNSに投稿することで、若者の武雄に対する関心を高めようという取り組み。男子生徒8人で活動した。

 8月14、18日、市の観光用自転車で、武雄の大楠や県立宇宙科学館、餃子会館、道の駅山内など市内7カ所を巡り取材した。

 その上で情報発信の方法を考えたものの、話し合ううちに「自転車で走るのが気持ちよかった」という実感を共有。「改めて考えると、自分たちがやりたいのはこういうことだと思った。自転車を通した魅力あるまちづくりを考え提案しようと、活動目的を変更した」と経緯を語り、自転車で走った実感を元に、自転車専用道路の整備やマップ作成、乗り捨て可能なターミナル整備などのアイデアを提案した。

 感想では「それまでは学校がある所という認識だった武雄に愛着が湧いた。取材の約束を取り付ける電話など、参加しないと経験できなかった」と充実感をにじませた。一方で「自転車について活動できなかった。自販機の場所を示すマップなどを作ってみたかった」と心残りも明かした。

このエントリーをはてなブックマークに追加