道路わきの水路に落ちた軽トラックから男性を助け出すのを手伝ったえひめ国体の佐賀県相撲チーム=愛媛県西予市野村町(提供写真)

 愛媛県を主会場に開かれている第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」に出場している佐賀県の相撲チームが7日、愛媛県の西予市野村町で車の横転事故に遭遇し、車を持ち上げて救助に一役買った。

 県チームの約10人は現場近くに分かれて民泊していた。試合を控え、集会所で朝食を取り終えた午前8時50分ごろ、大きな物音が外から聞こえてきた。

 坂本清監督(42)が民泊先の住民と駆け付けると、市内の69歳男性が運転する軽トラックが車道わきの水路に転落していた。男性の右手が車の下に挟まっていたため、選手たちを呼び、車にロープをつないで全員で持ち上げた。

 男性は救急車で運ばれたが、右手首の軽傷で済んだ。地元の警察は「高齢者が多い地域で、普段なら救助にもっと時間がかかったはず。力持ちに助けていただき、大変助かった」と話した。

 国体の会場では、この出来事が場内アナウンスで紹介され、観客から大きな拍手が湧いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加