相撲団体戦は、唐津青翔が多久を3-2で破り9連覇を果たした。轟木信之介監督は「普段通りの動きを見せてくれた」とうなずいた。 先鋒戦がポイントだった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加