民進党が事実上、解党し、希望の党、立憲民主党が登場するなど選挙構図が激変する中、衆院選が10日公示、22日投開票される。佐賀新聞社は、県内5政党の政策責任者による座談会を開いた。消費税増税の使途変更による社会保障の充実、緊迫する北朝鮮情勢へのより強い対応を打ち出して政権維持を訴える与党に対し、野党は十分な議論や説明責任を果たさない強引な政権運営を批判し、安倍政権打倒を掲げる。憲法改正や社会保障政策など重要課題を巡る論戦を詳報する。

出席者
自民党県連政調会長 坂口 祐樹氏
公明党県本部代表 中本 正一氏
民進党県連政調会長 藤崎 輝樹氏
共産党県委員会副委員長 武藤 明美氏
社民党県連幹事長 徳光 清孝氏
■司会
佐賀新聞社編集局長 澤野 善文 

このエントリーをはてなブックマークに追加