任期満了に伴う佐賀市長選・市議選(定数36)は8日、告示される。市長選には4選を目指す現職の秀島敏行氏(75)=本庄町=1人が立候補を表明している。38年ぶりに無投票当選となる公算が大きい。市議選には43人が立候補予定で、激戦となる見通し。投開票は15日。 

 秀島氏は経済・産業の活性化やバイオマス産業都市の推進、子育て、教育環境の充実などを政策の柱に掲げている。具体的には、3千人の雇用確保、JR佐賀駅周辺整備、世界最大級の藻類培養拠点の整備、認可保育園の待機児童解消などを挙げる。佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画には慎重な姿勢を示す。

 市議選は、現職34人全員と新人9人が立候補の準備を進めている。

 選挙人名簿登録者数は19万3567人(男性8万9683人、女性10万3884人)=9日1日現在。

このエントリーをはてなブックマークに追加