政権に対する批判の声を上げる蓮舫参院議員=武雄市北方町

 民進党前代表の蓮舫参院議員が6日、同党出身で衆院選佐賀2区で希望の党から立候補予定の大串博志氏(52)の応援のため来佐した。唐津、武雄、多久の3市で、「安倍首相を辞めさせるのを有権者が決められる選挙。二大政党で選べる政治をつくるのに挑戦する」と訴えた。

 蓮舫議員は、衆院の民進前職者の分裂に触れつつ「民進の立場だが、一緒にこの国をつくりたい人だけを応援する」と強調。森友学園、加計学園問題も挙げ「安倍首相の子育て支援、教育政策は不十分。『腹心の友』への規制緩和ではなく、貧困の子どもをなくすのが政治の責任だ」と批判した。

このエントリーをはてなブックマークに追加