政府は7日付で、警察官や自衛官など危険性の高い業務に尽くした元公務員を対象とする「第29回危険業務従事者叙勲」の受章者3615人を発表した。内訳は瑞宝双光章が1788人(うち女性2人)、瑞宝単光章が1827人(同11人)。11月3日に発令される。

 佐賀県在住の受章者は39人で前回(4月)から5人増えた。受章者内訳は瑞宝双光章24人、瑞宝単光章15人で、職種別では警察官と自衛官が15人ずつ、消防吏員6人、刑務官などが2人、海上保安官1人だった。

 職種別で見ると、警察官が最多の1825人で全体の半数を占めた。警察官以外では、自衛官940人(うち女性10人)、消防吏員623人、刑務官や入国警備官136人(同3人)、海上保安官91人―の順。

 都道府県別では、北海道が296人で最も多かった。埼玉県259人、千葉県207人、福岡県195人、神奈川県192人と続いた。

 危険業務従事者叙勲は春と秋の勲章受章者とは別に、危険業務に取り組んで社会に貢献した人の功労をたたえるため、2003年に創設された。

危険業務従事者叙勲瑞宝双光章(24人)

 瑞宝双光章(24人)    

 ◇防衛功労         

尾崎 弘之62元3等陸佐  佐賀

斎藤 正宣61元3等陸佐  鳥栖

末永  修61元2等陸佐  鳥栖

野中 弘明61元3等陸佐  嬉野

波多江恒俊61元3等陸佐吉野ケ里

山下 幸徳61元1等海尉  唐津

渡島  徹61元2等陸尉  小城

 ◇海上保安功労       

嘉村  修65元海上保安官 佐賀

 ◇警察功労         

江頭 嘉広71元県警視   佐賀

江口 彰信71元県警部   白石

大川内吉則71元県警部   佐賀

笠原  敏71元県警部   大町

古賀 照彦71元警視正   佐賀

小林 包尚71元県警部   唐津

城島 康博71元県警部   白石

高森 正俊71元警視正   佐賀

野本 照夫71元県警部   佐賀

林田  要71元警視正   小城

渕   進71元県警部   佐賀

宮田 光記71元県警部   嬉野

森永喜一郎71元警視正   佐賀

 ◇消防功労         

河内 嘉孝73元佐賀中部広域連合

消防司令長        多久

田中 一俊64元佐賀中部広域連合

消防監          佐賀

浜崎 直樹67元杵藤地区広域市町

村圏組合消防司令長    嬉野

瑞宝単光章(15人)

 ▽瑞宝単光章(15人)    

 ◇防衛功労         

川崎 直行67元准陸尉   小城

田中  豊61元3等陸尉吉野ケ里

中山 新一67元准陸尉 吉野ケ里

野中 健彦61元3等陸尉吉野ケ里

樋口 有一67元准陸尉  みやき

藤崎 強次61元3等海尉  佐賀

吉田 立身67元准海尉  伊万里

米原 秀文61元3等陸尉吉野ケ里

 ◇矯正業務功労       

広川 典範62元法務事務官 佐賀

松本 忠則63元法務事務官 鹿島

 ◇警察功労         

中島 茂三71元県警部補  小城

吉田 儀輔71元県警視   神埼

 ◇消防功労         

川口 照幸74元唐津・東松浦広域

市町村圏組合消防司令長  唐津

古賀  浩74元鳥栖・三養基地区

消防事務組合消防司令   鳥栖

松尾正一郎70元杵藤地区広域市町

村圏組合消防司令     武雄

このエントリーをはてなブックマークに追加