軟式野球1回戦・佐賀-静岡 7回表佐賀無死一、三塁 5番川副雄一が適時三塁打を放ち、2-2と追いつく=愛媛県の浜公園川之江野球場

■内容悪くなかった

 

 ひらまつ病院(小城市)を主体とした軟式野球成年男子チームは、1回戦で静岡ガスに2-3でサヨナラ負けした。大久保豊隆監督は「試合内容は悪くなかった。ただ、最後に流れが相手に傾いた」と悔しがった。

 先発古舘数豊が粘投したものの、四回に2失点。大久保監督が「必ずひっくり返せる」と選手を鼓舞し続けると、その期待に5番川副雄一が応えた。七回無死一、三塁から右中間に値千金の2点三塁打。川副は「チャンスをつなごうと、力まずに打った」と振り返った。

 九回裏に点を奪われ、悔しい結末となったが、大久保監督は「一人一人がしっかり役割を全うすれば、日本一は狙える。練習あるのみ」と気持ちを切り替えていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加