会員の自信作62点が展示されている絵画サークル「雅」の展示会=基山町民会館ホワイエ

 基山町の絵画サークル「雅」(豊福保夫代表、31人)の展覧会が、同町民会館のホワイエで開かれている。会員が週1回の活動の中で描いた作品の中から自信作を2点ずつの計62点を展示しており、来場者を楽しませている。8日まで。

 会員の日ごろの研さんの成果を発表する場にしようと毎年開き、今回で19回目。会場には、地元や旅行先の北海道などを描いた風景画のほか、季節の花々や野菜などの静物画、裸婦デッサンなどの人物画など、多彩な作品が飾られている。

 水彩と油彩を中心にクロッキーも並べられており、来場者は気に入った作品の前で足を止めるなどゆっくり鑑賞していた。豊福代表は「長い会員は20年近く続けている。それぞれの努力の成果を楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

 入場無料。問い合わせは同サークルの田中さん、電話0942(92)1983。

このエントリーをはてなブックマークに追加