入校式で入校生代表として宣誓する大久保琢磨さんその2=佐賀市の県警察学校

入校式で県警察学校の校歌を歌う入校生たち=佐賀市の県警察学校

 佐賀市の県警察学校(鶴直人校長)で5日、初任科短期課程(大卒以上)の入校式が開かれた。入校生10人が式に臨み、警察官としての第一歩を踏み出した。

 式では、鶴校長が「揺るぎない使命感を養い、同期の絆を大切にし、立派な警察官になってほしい」とあいさつ。逢阪貴士県警本部長は「(入校生が)一日も早く県民の期待と信頼に応える警察官に成長することを期待する」と激励した。

 式に出席した伊東沙織さん(24)=佐賀市鍋島町=は「責任の重さを改めて感じた」と引き締まった表情。交通機動隊を目指しているという伊東さんは「県民が被害に遭わないように事故を未然に防ぎ、人身事故ワーストワン脱却に貢献したい」と意気込んだ。

 入校生は来年3月までの半年間、法学や武道、逮捕術などの専門知識を学び、県内各署に配属される。

このエントリーをはてなブックマークに追加