「多久市学びの里講演会」が9日午前9時半から、同市中央公民館で開かれる。教育者で「寺子屋こども論語塾」を主宰する安岡定子さん(東京都)が「論語に学ぶ~論語は美しい言葉と智慧(ちえ)の宝庫~」と題して講演する。

 同市が展開中の「多久学びの里プロジェクト」の一環。講師の安岡さんは1960年東京都生まれ。漢学者で歴代首相の施政方針演説に朱筆を入れて助言した安岡正篤の孫に当たる。「銀座寺子屋こども論語塾」の代表を務め、全国で定例講座を展開している。著書の『こども論語塾』(明治書院)シリーズは3冊合わせて30万部を超えるベストセラーとなり、論語ブームの火付け役となった。

 聴講無料。事前申し込みを受け付けているが、当日の参加も可。問い合わせは多久市情報課、電話0952(75)2280へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加