佐賀県神埼市の西郷小(末次利明校長)で2日、4年生43人が地元に伝わる伝統工芸品の「尾崎人形」作りに挑戦した。中身が空洞になるよう粘土を型に入れて成形し、ウサギやスズメなどの愛らしい人形を手作りした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加