5回DeNA無死、宮崎が右越えに同点ソロを放つ=横浜

 DeNAの宮崎敏郎内野手(厳木高出身)の首位打者がほぼ確実とり、佐賀県内の家族や恩師からも祝福の声が上がった。

 「びっくり。自分の子じゃないみたい」-。父親の楠生さん(65)=唐津市=は目を細める。「小さい頃からいつもバットを振っていた」と振り返り、「(今季は)胃腸炎で点滴を打っていた時期もあり、どうなるかと心配したけど、よくやってくれた」とねぎらった。

 小学6年から4年間所属した硬式少年野球チーム「唐津ボーイズ」で当時代表を務めた小島俊郎さん(60)は「昔から広角に打つのがうまかった。子どもたちのお手本になってくれた」。唐津から生まれたヒーローをたたえた。

このエントリーをはてなブックマークに追加