自転車女子ケイリン7~12位決定戦 安定した走りで9位と健闘した山口優衣(日本競輪選手会佐賀支部)=愛媛県の松山中央公園多目的競技場

■落車理由にしない

 前日のレースで落車に巻き込まれ、7~12位決定戦に挑んだ自転車女子ケイリンの山口優衣(日本競輪選手会佐賀支部)は、3番目でゴールして9位となり、惜しくも8位入賞を逃した。

 「流れの中で仕掛けるつもりだったが、前が詰まって行けなかった。高校生に入賞を阻まれ悔しい」と唇をかみしめた。

 3日の準決勝はレース終盤まで好位置につけていたが、前の選手の転倒し、落車に巻き込まれた。診察の結果、大事には至らず初入賞を狙ったものの、あと一歩及ばなかった。

 「落車を負けた理由にはしたくない。もっと技術を磨く」と山口。初の表彰台に向けてやるべきことは分かっている。

 ▽女子ケイリン7~12位決定戦 (9)山口優衣(日本競輪選手会)

このエントリーをはてなブックマークに追加