佐賀県議会は9月定例会最終日の4日、衆院解散に伴う総選挙の費用5億5615万円を含む42億4926万円の一般会計補正予算案など17議案を可決、公安委員会委員1人を再任する議案に同意した。北朝鮮のミサイル発射と核実験に抗議し日本人拉致問題の早期解決を求める決議と、意見書2件を可決し、閉会した。

 核兵器禁止条約の批准を求める意見書は、自民や公明などが反対し、共産、県民ネットらの賛成少数で否決された。

 閉会後、議会運営委員会は理事会を開き、11月定例会は11月28日~12月18日の21日間とすることを申し合わせた。

このエントリーをはてなブックマークに追加