(51)宮崎敏郎(内野手)

 プロ野球・DeNAの宮崎敏郎内野手(28)=厳木高出身、写真=は4日、初のセ・リーグ首位打者が確実となった。宮崎は打率3割2分3厘でレギュラーシーズンの全日程を終了。県関係では巨人の長野久義外野手(三養基郡基山町出身)以来、6年ぶりの快挙となる。

 宮崎は厳木高-日本文理大(大分市)-セガサミー(東京都)を経て2012年にドラフト6位で入団。今季は勝負強い打撃で5番・三塁手に定着し、プロ入り後初めて規定打席に到達した。

 2位のマギー(巨人)は3日に打率3割1分5厘でシーズンを終了。打率3割1分3厘で3位の大島(中日)は2試合を残しているが、9月1日から出場選手登録を外れている。

このエントリーをはてなブックマークに追加