関東地方のIT、ウェブ関連企業で働く県出身者らを対象にした「さがIT UIターンフェア」が14日午後5時半から、東京都千代田区のふるさと回帰支援センターで開かれる。県内に進出した東京のIT企業経営者とも意見交換できる。参加無料。

 IT企業の誘致を進めている県が、古里でキャリアを生かし、都市部に比べて暮らしや家族を大切にしながら働ける環境をアピールしようと初めて企画した。

 唐津市に事業所があるシステム構築・アプリ開発の「ココト」(東京都)の西牧哲也社長ら5人が、佐賀事業所の業務内容や自社の魅力を紹介する。社長と気兼ねなく話せるトークタイム、佐賀への移住体験報告もある。

 事前申し込みが必要で、定員30人。県企業立地課は「会社の雰囲気や佐賀での通勤時間、どんな生活ができるかなど素朴な疑問をぶつけて、帰郷を考えるきっかけにしてほしい」と話す。問い合わせは同課、電話0952(25)7097。

このエントリーをはてなブックマークに追加