2015年から武雄の夏を彩ってきた御船山楽園×チームラボのデジタルアートが今年はさらにパワーアップ。国内外からの取材が殺到した自然とアートが融合した空間は、一見の価値あり。最新の武雄グルメと一緒に、初秋の武雄を夜まで堪能しましょう。

 

御船山楽園  MAP-1

■自然とデジタルアートが共存する幻想的空間をさまよう

稲荷(いなり)大明神にある巨石に滝をプロジェクションマッピングした「かみさまの御前なる岩に憑依(ひょうい)する滝」
「夏桜と夏もみじの呼応する森」。人の存在に呼応して光の色が変化し、色特有の音色を響かせる
資生堂の新スキンケアライン「WASO」とコラボレーションした「WASO Tea House - 小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々」。茶を入れた茶わんの中に花が生まれ咲いていく、茶を飲み干すと花はなくなる
廃墟となった湯屋が、人々が描いた生き物たちで彩られる「グラフィティネイチャー - 廃墟の湯屋に住む生き物たち」

 50万㎡にも及ぶ広大な敷地に広がる「御船山楽園」は、1845年につくられた歴史ある庭園。そこで今、チームラボによるデジタルアート展「資生堂 presents チームラボ かみさまがすまう森のアート展」が開催されています。「自然が自然のままアートになる」をテーマに、プロジェクションマッピングなど最新のデジタル技術を駆使した14作品を展示。自然とアートが共存した園内をさまようように歩けば、私たちの存在でインタラクティブ(=対話、双方向、相互に作用すること)に変化する数々のアート作品に出合うことができます。御船山の森と庭園、その境界線が曖昧なこの場所だからこそ実現した、神秘的な空間を堪能しましょう。園内は高低差があり、すべての作品を見るには1時間弱かかるので、歩きやすい格好で行くのがおすすめです。

■御船山だから実現した自然とアートの融合を楽しんで

チームラボ代表 猪子 寿之さん

 御船山では3年前から展示をしているけど、庭園全体を使ったここまで大きな展示ははじめて。当初からこの構想はあって、3年がかりでやっと実現しました。世界中でさまざまな展覧会をしているけれど、屋外で、しかも自然のもの、もともとそこにあるものを使う展示は他にありません。御船山楽園だからできたこと。広大な敷地なので、森の中をさまようように楽しんでほしいですね。フォトジェニックだから女性同士で写真を撮りに来たり、恋人同士で森を冒険するようなドキドキを味わったり、子ども連れなら湯屋で絵を描いて遊んでもいい。すべてをまわるのは大変だけど、子どもでもまわれるようなコースをHPでも案内しているので、いろんな人に来てほしいな。アート化された自然の中に身を置くことで、自分自身もその自然の一部なんだってことを感じてもらえれば。(チームラボ代表 猪子 寿之さん)

チームラボ・・・プログラマーやエンジニア、グラフィックデザイナーなどデジタル技術のスペシャリストからなるウルトラテクノロジスト集団。国内外でさまざまなデジタルアート作品を発表している

 

【DATA】
期 間 開催中~10月29日(日)
時 間 10/1-10/29 18:30-22:30
    ※第二入門口は30分前に開門
場 所 御船山楽園(武雄市武雄町武雄4100)
料 金 大人1600円、中高生1200円、小学生800円、未就学児無料
その他 土・日曜、祝日は無料のシャトルバスを運行
    ※たけお競輪第二駐車場満車の場合
    (たけお競輪駐車場~御船山楽園第一入門口前)
H P https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyama2017/
問い合わせ 0954-23-3131(御船山観光ホテル)


アクセサリーと焼き菓子のお店  Queue et Gouter MAP-2

■〝カワイイ〟と〝おいしい〟をひとりじめ

まるでフランスの雑貨店に来たようなおしゃれで落ち着いた雰囲気
アクセは全て久保田さんの手作り。シーンに合わせてそろえたいラインアップ

 シンプルで大人かわいいアクセサリーショップと、素材にこだわった山内町のおやつ工房のコラボショップ。ハンドメード作家歴12年の「Queue」久保田愛子さんが作るピアスやネックレスは、トレンドを取り入れつつ、2000円前後と手頃な価格で日々のおしゃれにぴったり。「Gouter」栗原布夕子さんが作るお菓子は、焼き菓子が中心。なるべく既製品を使わず、卵や小麦、素材のおいしさを生かしたやさしい味わいです。温泉通り散策のついでに立ち寄ってみては。

バターをたっぷり使用し、しっとり仕上げた「アーモンドケーキ」170円(左) 、サクサクの食感で人気のクッキー「プレッツェル」130円
なめらかで溶けにくいシルキーアイスが今夏から登場。「チョコミント」350円(左)、コーヒー味なのに真っ白?!トロンとしたなめらかさがおいしい「白いコーヒープリン」280円

 

 

 

 

 

 

オーナーの久保田さん「ピアスをイヤリングに変更したり、片方なくしたピアスを1つだけ作ったり、臨機応変に対応しますので気軽にお声かけくださいね」

【DATA】
住 所 武雄市武雄町武雄7266
電 話 0954-22-2758   
営 業 10:00-17:00
店休日 日・月曜       
駐車場 さぎの森駐車場(共有)利用
その他 白いコーヒープリンは9月末頃まで販売予定、お早めに
H P http://qeg-shop.com
I G 「queue.et.gouter」


Monkey Tree  MAP-3

■丁寧にいれるコーヒーとこだわりのホットドッグ

いろんな種類を食べられそうな小ぶりなサイズがうれしい「スコーン」(抹茶、マーブル)各120円(手前)、ふわっとしっとり、ブルーベリーがぎっしり入った「マフィン」(プレーン×ベリーベリー)240円、「アメリカーノ」380円
コーヒーの苦味も楽しめつつ、マイルドな甘さが人気の「カフェラテ」400円(左)。ラテアートにも注目。時間がかかるので余裕をもって注文したい「Monkeyドッグ」400円
カジュアルで入りやすい雰囲気。絵になる店内は思わず写真に収めたくなる

 注文を受けてから一杯ずつドリップするコーヒーがおいしいと評判のカフェ。5種類の豆を使ったオリジナルブレンドのラテはすっきりとした苦みで、店主の奥さまが作る焼きたてのマフィンやパンと相性抜群。「Monkeyドッグ」は、NYのスタンドをイメージし、店主が好きなものを詰め込んだという一品。もっちりした自家製パンにこだわりの粗びきソーセージを挟み、チェダーチーズをたっぷりかけたシンプルなホットドッグは、お気に入りのドリンクと一緒に出きたてを味わいましょう。

入口が奥まっているので見逃さないで

【DATA】
住 所 武雄市武雄町昭和4-8   
電 話 0954-33-0374
営 業 9:00-18:00(金・土・祝日前~23:00)
店休日 火・第1水曜   
駐車場 近くにあり(店に確認を)
その他 定休日翌日はパンの販売なし
F B 「Monkey Tree」で検索   
I G 「kenji.t626」

 

パスタ屋 iNG  MAP-4 

■生麺パスタとワインで粋な時間を

「ポークソテー」950円+税(手前)。柔らかく、肉の甘みが引き出されている。白ワインとしょうゆバターのソースでどうぞ。ビネガーやハチミツが入ったマスタードソースとよく合う「サーモンカルパッチョ」700円+税
ベーコンとナス&パプリカのトマトソースパスタ」1000円+税、+200円でバゲットとサラダ、コーヒーorアイスクリームが付く
カウンターやテーブルも広く1人でもグループでもゆっくり食事が楽しめそう

 

 

 

 

 

 

月にオープンしたばかり、すっきりとした白い建物が目印

 コシのある生麺を使ったパスタを中心にワインと食事が気軽に楽しめるレストラン。昼も夜も変わらず食事とお酒を楽しんでほしいと、昼夜共通のメニューを提供しています。こだわりの麺に合わせるのは、生のトマトの酸味さわやかなトマト、卵を使った濃厚なクリーム、素材を生かしたオイルの3種のソース。選べる具材と合わせて注文できます。アラカルトのお薦めは、若楠orさくらポークの「ポークソテー」。フランスやスペインなど世界各国のワインと一緒にどうぞ。

 

オーナーの山口博文さん(中央)とスタッフの池田かおるさん(左)、吉田広さん「気軽にワインと食事を楽しんで」

【DATA】
住 所 武雄市武雄町武雄4068-4
電 話 0954-23-6989
営 業 12:00-15:00(14:30L.O)
    18:00-23:00(22:30L.O)
店休日 水曜   
駐車場 あり

 

このエントリーをはてなブックマークに追加