武雄に滞在した写真家と市民との交流会(まちづクリエイティブ提供)

 さまざまな分野のクリエーターに滞在場所を提供し、創作活動の傍らで市民と交流してもらう事業を武雄市が始めた。報酬もある長期と1週間程度の短期があり、滞在者を募っている。

 市街地に新たなにぎわいを創出する事業の一環として、まちづくり会社「まちづくりクリエイティブ」に委託して行っている。武雄町中町の空き家を無償で提供。1~3週間のロングステイと2~7日のショートステイがあり、ロングの場合は3千円の日当を出す。クリエーターは“活動日記”を事業のウェブサイトに寄稿して創作内容と武雄をPRするほか、住民との交流会や活動内容のプレゼンテーション、作品発表、地元事業者との協業などのさまざまな企画で市民と交わる。

 既に写真家が滞在。市民との交流会を行い、年明けには武雄の風景を切り取った写真展も行う予定。今は劇作家が来訪、交流を重ねている。

 事業は3月まで。ウェブサイト「TAKEO MABOROSHI TERMINAL(武雄まぼろしターミナル)」にクリエーターのコラムや事業の内容を掲載している。

このエントリーをはてなブックマークに追加