インターネットでの申し込み状況を確認する大会事務局スタッフ=佐賀新聞社

■受け付け開始1時間で

 来年3月18日に開かれる「さが桜マラソン2018」のインターネットでの募集が3日始まり、フルマラソンは午後8時の受け付け開始から1時間弱でネット分の定員7300人に達し、募集を締め切った。

 開始直後から申し込みが殺到し、午後9時前には定員に達した。大会事務局は「毎年、定員に達する時間が早まり、人気の高さを感じる。全国のランナーに満足してもらえるように準備を進めたい」と話す。

 ファンラン(9・8キロ)もフルマラソンとほぼ同じ時間にネット分の定員1200人に到達した。郵便振替用紙からの申し込み(3日のみ)の結果は後日発表する。

 大会は佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会・佐賀県・佐賀市・神埼市主催、ミサワホーム佐賀特別協賛。フルマラソンは佐賀市の県総合運動場前をスタート、吉野ケ里歴史公園を中間地点とするコースで、1万人の市民ランナーが健脚を競う。

 大会についての問い合わせは事務局、電話0952(27)0728(平日午前9時半~午後5時半)へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加