ホッケー少年男子準々決勝・佐賀-福井 前半20分 伊万里商高の松本聖(右)がシュートを決め、1-1とする=愛媛県の松前町ホッケー公園

 【愛媛県で本社取材班】第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第4日は3日、愛媛県などで18競技があった。佐賀県勢は10競技に出場し、セーリング成年男子470級の岡田奎樹・宮口悠大組(早大・中大)が3位入賞を果たした。

 高志館高と厳木高勢が出場したアーチェリー少年男子は決勝トーナメントで長崎、東京を連破し、4日の決勝に進出。山岳少年女子の樋口結花・渡島夏希組(多久高・成章中)はボルダリング4位、リード8位とダブル入賞した。同少年男子の〓本直生・中武凌雅組(多久高・佐賀星生学園)はボルダリングで7位に入った。

 7人制ラグビー成年男子は5~7位決定戦を勝ち上がって5位入賞。ホッケー少年男子の伊万里商も5位だった。ライフル射撃少年男子ビームライフル立射30発では林晃輝(佐賀学園高)が前日の同60発に続いて7位入賞した。

このエントリーをはてなブックマークに追加