跳躍器具を使った運動プログラムを導入したナチュラルボディメイクの竹森豊代表=佐賀市

 佐賀市水ヶ江のフィットネスジム「ナチュラル・ボディメイク」(竹森豊代表)が、跳躍器具を使った運動プログラムを始めた。音楽に合わせて45分間運動すれば、75分間のランニングと同程度のカロリーが消費でき、不安定な足場で体を動かすことで体幹も鍛えられるという。

 北九州市出身の竹森代表(38)が2014年に開業した。事業支援を行う県中小企業診断協会によると、このプログラムを導入したのは県内で初めて。これまでもハンモックにぶら下がる「エアリアル・ヨガ」など新規性のあるメニューを取り入れてきた。

 新プログラムは、手すりが付いた直径約120センチの跳躍器具を使い、開脚したり片足になったりして運動する。ハリウッド女優がダイエットで活用して人気が高まっているといい、「全身の筋肉を使うので、自然と引き締まった体になる」とアピールする。

 毎週日曜日午後8時からの1時間のみで、11人限定。料金は千円から(入会金を除く)。電話090(9472)5913。

このエントリーをはてなブックマークに追加