北海道の花のある風景や日常生活を写した写真が並ぶ店内=伊万里市立花町の「カフェ・ルント」

 雪に覆われた山や耕された牧草地など、北海道の自然や人の営みを切り取った写真展が、伊万里市立花町の社会福祉法人「たちばな会」が運営する「カフェ・ルント」で開かれている。7日まで。

 写真は札幌市在住のアマチュアカメラマンみつたけみゆきさんが撮りためた12点。鮮やかな紅葉や季節の花のほか、雪の中を延びる道や、畑が広がる風景が並ぶ。実家に帰省して訪れた福岡市の会社員(46)は「旅行で見た広大な景色を思い出す」と、作品に見入っていた。

 みつたけさんは「生活に根差した写真を心掛けている。北海道の日常の姿を見てほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加