日産自動車の電気自動車「リーフ」の新型モデル=9月、千葉市の幕張メッセ

 ◇新型「リーフ」発売◇日産自動車は2日、新型の電気自動車(EV)「リーフ」‖写真‖を発売した。1回の充電で走行できる距離を400キロに延ばすなどEVの課題克服に力を注ぎ、使い勝手を高めた。

 日産は2010年に初代リーフを発売し、今回が初の全面改良。大容量電池を搭載し、1回の充電で現行の約1・4倍となる400キロを走行できる。急速充電器を使えば40分で容量の80%まで充電が可能で、EVの強みでもある加速性能も向上させた。

 佐賀県内では日産サティオ佐賀、佐賀日産自動車各店で販売。7~9日と14、15日に「デビューフェア」を開く。

このエントリーをはてなブックマークに追加