畦道(あぜみち)に列をなして咲き誇る彼岸花に沿って歩いてみる。9月下旬。黄金色に染まりつつある稲穂の海をたたえる棚田を縫うように登ると、額から、背中から、腕から、じんわりと汗がにじみ出てきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加